ミケコさんの経過2

きょうから積極的にご飯を食べるように なってくれたみたいです!! 膿も、少し減ってきたと先生からお話がありました。 貧血になりはじめてはいるものの 自分で血をつくりだしている兆候もみられるとのことで このまま、前向きにどんどん回復しますように。 お腹からチューブが取れ、再縫合出来る日が 近いことを期待しています ミケコさん がんばれー。

続きを読む

ミケコさんの経過

写真だけ見ると、ミケコさんの経過は 順調のように見えますが、 深刻な状態からは脱してない様子です。 お腹の中の膿がまだ出ていて、 チューブを2本、お腹に刺したまま洗浄を続けてます。 皮膚下にも膿がたまるらしく 縫合をところどころ外し、ガーゼを入れて 数時間おきの消毒を余儀なくされているそうです。 洗浄を続けてることで血液も洗い流され またもや貧血になり、 きょうは、獣医さ…

続きを読む

ミケコさん大手術

先週の土曜日(24日)保護している 生後10ヶ月のミケコさんが なんとなく元気がないので気になり 抱っこして体を調べたら・・・ (もうホントに血の気がひいたのだけど) お腹にボッコリと穴が空いていた。 不妊手術したのが去年の11月。 なんで今ごろ、傷が空いたのかわからない。 とにかく、急ぎで獣医師へ連れて行った。 先生のお話では、中の糸が表面に出て来てしまい 腹壁…

続きを読む

台東区シンポジウム

『台東区命のバトンプロジェクト 地域で見守る命 これからの地域猫を考えるシンポジウム』に参加させていただきました。 台東区は、13年ほど前より、地域猫活動支援に取り組み、大きな成果をあげている区です。行政が、地元住民の方々に住民の活動として日常に染みこませる素晴らしい活動を展開しています。 そんな台東区で、講師をさせていただくのは、釈迦に説法になるのでは?と少し躊躇もありましたが、地域猫活動…

続きを読む

都の推進員連絡会

東京都の動物愛護推進員活動分野別連絡会に出席してきました~。「飼い主のいない猫対策」におけるボランティアを行っている推進員の研修会です。 事例発表として・・・私、文京区の推進員さん、それから、行政担当から 江戸川区職員さん。 各地区で、がんばっている皆さまの前でまだまだ発展途上の世田谷区の話をすることは大いに恐縮でしたが、私が、この活動をはじめた20年前と比べると、かなり野良猫が減り、そして…

続きを読む

台東区シンポジウムのお知らせ

地域猫活動がしっかり定着出来ている 台東区でのシンポジウムに参加します 講師の面々は・・・ ☆台東区の地域猫活動を行政主導で制度を進め  活動を地域に定着させた 高松さん(職員) ☆地域猫活動の発案者 黒澤さん ☆国立市における都への猫引き取り数を何年も  ゼロにし、地域猫活動の成果をあげ市からも  表彰されている 後藤さん ☆そして、私。  私だけが、発展途上の世田谷区…

続きを読む

所沢セミナー2018

今年も呼んでいただきありがとうございます。所沢市でのセミナー講師は、7回目?になるのかな。ありがたいことですm(__)m セミナーを行うことによって普通の人々が、この活動を知り、ボランティアや行政機関とともにお住まいの地域でこの活動をはじめるきっかけになっていかないと意味がありません。野良猫の問題を永遠にボランティアグループが背負い込むだけでは、動物を飼育する住民のモラル向上が望めませ…

続きを読む

ネットラジオのお知らせ

ネット配信のホンマルラジオさんの 番組で地域猫活動のお話をさせていただきました! アニマルワンさんという団体さんの番組 ゲストです(^_^) 以下で聴くことが出来ます。 30分です。 http://honmaru-radio.com/irismusichour0100/

続きを読む