トラバサミ疑惑

5月3日に、後ろ足片方の足先が欠損した猫が
同じ地区に、また見つかり、
疑惑が確信に・・・(>_<)
短期間に、300m圏内で足先をなくす怪我を負った
猫が3匹連続という事実は、そうそうないだろう。
確たる証拠は、ないが
これ以上の被害を止めるためにも、
警察へ相談、
そして、地元住民へ注意の呼びかけチラシを
配布することにした。

torabasami.jpg
警察署へは、地域の方2名と一緒に出向き、
被害にあった猫の写真と
獣医師の診断書、時系列のレポート、
猫が見つかった場所の地図、
配布するチラシ
を提出し、
通報があれば、こちらにも情報を共有
くださることと、
交番に通達いただけるようお願いをした。

16時からチラシのポスティング。
この地域の住民の方々が7名集まり、
400部、地図で割り振りしながら
日差しの強い中、皆で配布。
犬を散歩中の住民や
うちの前に出て来た住民の方々に
声をかけ、みんな、熱心に説明。
配布後、みんなでお茶を飲み、
みなさん
いっせいに、電話番号交換💕
こうやって、地域の点と点を結んで
いくのが、地域猫活動であり、
ご近所同士が、情報を共有し、
協力しあって、
防犯に努めていく。
点と点は線になり、やがて面になる❗

連休明けに、保健所からこの地区の町内会、
隣りブロックの町内会に連絡してもらい、
さらに広く周知をするために
チラシの回覧をしていただくよう
進めます❗❗
これ以上の被害が出ないことを
祈るばかりです。

 Aさん、Nさん、U姉妹さん、
 Wさん、Iさん Mさん
お疲れ様でした

※チラシ中、とらばさみ画像は
 栃木・K様に提供いただきました。
 実際に、栃木で猫が被害にあったとらばさみ画像です。
 新聞記事は、ここクリックで読めます。


この記事へのコメント