世話をするなら

毎日、 『餌をあげていたら、子猫が産まれてしまった!  引き取ってもらえないでしょうか?』の相談がくる。 このところ、一日2件は来るから 産まれてる子猫の数は、かなりのもの。 出産してしまう可能性をわかっているはずなのに 産まれてから、あわて、あせり、 ”愛護団体”が引き取ってくれるだろうと 勝手に期待し、連絡してくる。 ご自分が、保護することが出来ない 理由ばかりを熱心に私…

続きを読む

衰弱した子猫2

預かりスタッフのAKさんより 近所でかなり衰弱した子猫を見つけ やむなく保護したと連絡があった。 そのあたりは、最近、野良猫が増加している場所で、 AKさんの話によると、お母さん猫も尻尾の毛がなく ガリガリで、子猫は4匹いたらしい。 最も弱ってて動けなくなっている1匹と 次にひどい状態の1匹を手づかみで捕まえたとの ことだった。 AKさんとともに次の日、 入院先の獣医さん…

続きを読む

ちびちゃとら兄弟

YKさんが、またもや見つけてきた現場。 子猫を産んだ母猫とオス猫とで5匹ぐらい。 YKさんが、休みのたびに足を運んで 手術をしてくれたのだけど、 捕獲作業中、 近所のひとに声をかけられ、 横の通りに案内されたと思ったら そこは、違う子猫が産まれていて 総勢10匹ぐらいいる状態だったと(´д`) 泣きがはいったYKさんから連絡があり、 私が出向き、餌やり家屋に手術交渉。 …

続きを読む

殺処分ゼロって・・・

このところ、実に危機感を感じる。 殺処分ゼロの風潮。 動物愛護が重んじられるようになり 行政機関にて殺される動物をなくそうと 日本全国で運動が高まってきている。 現在の解決方法は、 行政機関に入った動物を民間が引き取るという解決策。 大きな団体だと年間1000頭ちかくにも及ぶと聞いている。 それでいいのかな・・・ 平行して、ペットを生業にしている業者は あいもかわ…

続きを読む

三毛ファミリー

5月の終わりぐらいだったか、 保健所経由で、メス猫手術相談があった。 その地域は、住民有志の女性達で地域猫の会が 出来ている地区の近く。 (世田谷の猫セミナーに参加くださったことが きっかけで、出来た会です~(^_^)v) 地域の野良猫の手術と広報、町会の社務所で 資金集めのバザーと活躍されている方達だ。 さっそく、現場へ行っていただくよう要請。 その後、 6月2日、…

続きを読む