子宮蓄膿症の猫

獣医さん紹介の電話相談。 ☆お庭で餌を与えている猫の手術をしたい。 ☆メスなのでもしかしたら妊娠しているかもしれない。 ☆お尻から出血しているので診せたい。 人馴れしていてキャリーバッグで捕まりそうだとの お話なので 「怪我しないようやってくださいね」と お伝えしたら、すんなり捕まったと連絡が。 病院で見たら、凶暴とは無縁の あきらかに、誰かに飼われてたであろう猫。…

続きを読む

2015:9-10月譲渡決定猫

2015年、  9月と10月に新しい家族のもとへ行った  猫の写真報告でございます(=^・^=) ※写真は、すべて譲渡先から送っていただいた写真です 甘えん坊のカールくん  保護した時の写真は、ここクリックで見れます。 ロトミちゃん&ポロンちゃん  獣医さんに預けてる時に見初められ、 めでたく姉妹でお引越し 保護時の記録は、ここクリック バニラちゃん。…

続きを読む

新年度

先日、保健所へ新年度の挨拶に行った。 Nさんという職員が移動になった。 体弱かったけど お年寄りに優しくて、怒ったところを 見た事のないNさん。  3年間ありがとうございました(*^_^*) 変わりに新人職員が2名。 ひとりは、そそっかしそうなメガネ男性で ひとりは、気が弱そうなメガネ男性。 (ブログ読まれちゃうかな~(笑)) こないだ、電話したら 「〇〇さんは…

続きを読む

受難の季節

命の誕生は、美しく尊いもの。 だけど、人間に飼われる動物となった猫の場合、 産まれてもそのまま消えていく命が はるかに多い。 自然淘汰で死んでいく命もあるだろうけど。 この国の殺処分の約7割が 離乳していない幼猫。 つまり人の手で持ち込まれ殺されているのが 現実なんだ。 きょう、 いつも猫を預かってくれるIさんより 何度も着信が入っていた。  何かあったんだ・・・…

続きを読む

嬉しい電話

2年ほど前に、遊歩道に40匹ほど野良猫が増え 地域で、猫対策に取り組んだY地区。 遊歩道の野良猫は、当時50匹以上手術し、 20数匹保護譲渡し、現在は、ほとんど猫が いなくなった。 (住民から定期的に報告をもらってる) ここクリックで記録の一部が読めます。 ここの町会は、ものすごく広い範囲を 取りまとめている町会で、 遊歩道の猫がいなくなったと思ったら 去年、住宅…

続きを読む