公園のトトちゃん

地域猫活動のいいところは、 野良猫の問題を解決することで いろんな方と知り合いになれること。 猫に餌をあげている人たちの中でも 自分本位の人もいれば、 横のつながりを大切にしながら 動いてくれるようになる方も多い。 WAさんも、2000年、公園Aの活動着手 当初から協力的に動いてくださるかたのひとりだ。 15年以上、公園猫の世話を続けてくださり 感謝の気持ちでいっぱいだ。…

続きを読む

はじまりました~!

春・・・ とうとう仔猫シーズンがはじまっちゃいました。 今年こそは、少ない仔猫数で ありますよう毎年、祈っていますが 施設で殺処分される幼猫が山ほどいるのが 現実ですので、難しいでしょうね・・・ 今期、最初の仔猫さん達です。 手術を頼まれたお宅のサンルームで生まれ育った4匹。 室内なので、健康、ノミもおらず ママ猫さんも美猫でおだやか性格だから 仔猫たちも人馴れOK。 …

続きを読む

地区内報告会にて

世田谷区内の地区で、 住民による 活動連絡会がありました。 放置自転車をなくすための活動、 公園の美化運動、 高齢者の交流の会 他 地区内の様々な活動をおこなっている方達が 集まり、各自の活動を報告、交流する会です。 K町会の野良猫対策委員会も参加し、 私は、特別講師としてお招きいただきました。 15分ほど、この活動の説明と 今後、相談窓口として、保健所、私のグルー…

続きを読む

さくら永遠の眠りに

2008年の夏、 K子さんが買い物途中に見つけた 老夫婦の住むアパート。 仔猫を含む10匹以上の猫がいて K子さんとともに、手術と保護を実施。 さくらは、その中の1匹。 保護する前に交通事故に遭い 尻尾の麻痺、排泄機能の麻痺がある三毛猫だった。 K子さんとともに 化学療法、針治療と いろいろ試したけれど 効果はなく、 この9年間、K子さんがご自分の飼い猫…

続きを読む

あーちゃん回復へ

獣医師の診断結果。 膀胱炎、 加齢による胆管機能の低下、 ヘルニア初期の疑い エコーで診ていただいたところ 膀胱と腸の間に炎症のようなものが 見えるけれど、まずは抗生物質で様子を みてみましょうとのことだった。 抗生物質をあたえて数日経過、 お漏らしは、なくなった。 ひとまず胸を撫で下ろしたけれど ヘルニアの可能性はまだあるので 階段、段差は、抱っこするように…

続きを読む